2021ドラマ【カムカムエヴリバディ】キャスト(登場人物)や相関図は?

スポンサーリンク

2021年秋ごろにスタートするNHK連続テレビドラマ小説「カムカムエヴリバディ」は、大正時代からNHKで始まった「NHK英語ラジオ講座」がキーポイントとなる、脚本家藤本有紀さんによるオリジナル作品です。

藤本有紀さんは以前にも連続テレビ小説「ちりとてちん」で脚本を手掛けられ、今作が2度目となります。

こちらのドラマのタイトル、「カムカムエヴリバディ」とは、戦後のNHK英語ラジオ講座の英会話の時間に、「証城寺の狸囃し」のメロディーにのせ、「カム♪カム♪エヴリバディ♪」といった替え歌で流れていたものから、とったそうですよ。

今回の朝ドラは、今までにない「ヒロインが3人」という設定となっています。

NHK英語ラジオ講座を通して、昭和・平成・令和といった祖母・母・娘の三世代のヒロインの物語を描く内容となっており、物語の舞台も岡山・大阪・京都と変化していきます。

この記事では、カムカムエヴリバディのキャスト(登場人物)と相関図についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

【カムカムエヴリバディ】キャスト(登場人物)?

3人のヒロインはこちらです。

祖母・安子(安子役):上白石萌音さん

大正14年、岡山の和菓子屋の娘として、産まれ、あんことおしゃれな普通の女の子として、この幸せがずっと続くようにと願いますが、戦争で夫と死に別れ、娘を置いてアメリカに渡るしかなかったという悲しい決断を迫られます。

ですが、ラジオ英語講座との出会いが、安子の未来を切り開いていきます。

 

上白石萌音さんは、応募者数3061名の中から書類審査、4度にわたる選考会と4か月にわたる議論を重ねた末に選ばれたそうです。

映画「君の名は」や、ドラマ「恋はつづくよどこまでも」のヒロイン役として、話題作に立て続けに出演されていますよね。

連続テレビ小説は初出演で、「大好きな英語とラジオで紡がれるこの作品で夢が叶うこと、本当にうれしく思います。」と大変喜ばれているようです。

 

母・るい役:深津絵里さん

昭和30年代、るいの物語は大阪から始まります。

るいは、母に置いてきぼりにされたことで、親と英語を憎しみつつも、ジャズソングに救われて自分の人生を切り開いていきます。

 

深津絵里さんといえば、デビュー当時から今でも変わらない透明感が魅力の女優さんですよね。

ですが、今回の作品が初めての連続テレビ小説初出演になるようです。

ご本人も「105作目のヒロインという数字の重みに責任を感じています。これまで、おひとりでヒロインを務めてこられた方々の覚悟を想像すると、尊敬の念しかありません。でも今回は3人です!とてもとても心強いです。」

と、緊張と頼もしさを感じるコメントをされています。

 

娘・ひなた役:川栄李奈さん

昭和40年代の京都からひなたの物語は始まります。

時代劇の世界に憧れながら、回り道を経てラジオ英語講座に自分の居場所を見つけていきます。

川栄李奈さんも、上白石萌音さん同様のオーディションから選ばれました。

アイドル時代を卒業されてから、数々のドラマに様々な役どころで出演されていますが、どんな役柄もその物語の中に違和感なく、スッと溶け込むような演技をされている印象を受けます。

ご本人は、「朝ドラヒロインは一つの大きな夢であり、受かったと聞いたときは信じられないほど嬉しかったです。」と喜びのコメントをされています。

朝ドラは、高畑充希さん主演の「とと姉ちゃん」の時に出演されています。

今回はヒロイン役でどのような演技を見せてくれるのか楽しみですね。

 

舞台は、岡山・大阪・京都と変わりますが、今のところ他のキャストが発表されているのは岡山編のみです。

上白石萌音さんと共に岡山編を盛り上げてくれる方はこちらです。

 

雉真 稔(きじまみのる)役:松村北斗(SixTONES)

雉真繊維の社長・千吉の長男。家業である繊維業を海外に展開させることを志す大学生。地元で有名な名家・木島家の跡取りで英語が堪能な好青年。

稔との出会いが安子の運命を動かしていく。

 

雉真 勇(きじまいさむ):村上虹郎

千吉の次男。安子の小学校からの同級生で甲子園を目指している野球少年。兄の稔を尊敬している。安子へ行為があるのか素直に優しくできず、いつも何かと安子にちょっかいを出している。

 

橘 金太(たちばなきんた):甲本雅裕

安子の父。実直な性格で演芸好きな安子の父。御菓子司「たちばな」」の二代目大将でお店のあんこの味を大切に守っている。

 

橘 算太(たちばなさんた):濱田岳

橘家の長男で安子の兄。家業である和菓子屋の修業を始めるも全く興味がなく、何度も父・金太と衝突する。

 

橘 小しず(たちばなこしず):西田尚美

安子の母。いつも家族みんなの幸せを願う。金太と一緒に御菓子司「たちばな」を切り盛りしている。

 

橘 ひさ(たちばなひさ):鷲尾真知子

安子の祖母。しっかり者で頭の回転が早い。ひさのおしるこは絶品で御菓子司「たちばな」のあんこの原点である。

橘 杵太郎(たちばなきねたろう):大和田伸也

安子の祖父で、御菓子司「たちばな」の初代大将。職人気質で、金太や職人たちには厳しいが安子にはめっぽうあまい。

 

雉真 千吉(きじませんきち):段田安則

岡山で雉真繊維を一代で築き上げた地元の実力者。

 

雉真 雪衣(きじまゆきえ)

木島家の嫁。両家育ちの上品な女性。

 

雉真 美都里(きじまみどり)

千吉の妻であり、稔と勇の母。両家のお嬢様育ちで気品があり、いつも華やか。

 

水田 きぬ(みずたきぬ):小野花梨

安子の親友。御菓子司「たちばな」と同じ商店街にある豆腐屋「水田屋とうふ」の娘。

 

水田 卯平(みずたうへい):浅越ゴエ(ザ・プラン9)

豆腐屋「水田屋とうふ」の店主できぬの父。

 

岡山編だけでもそうそうたるメンバーですね。

【カムカムエブエヴリバディ】相関図は?

相関図はまだ発表されていないようです。

ヒロインが多い分、登場人物も多くなりそうなので、壮大な相関図となりそうですね。

さいごに

今回は、NHKラジオ英語講座がつないだ小さな軌跡を描く朝ドラ「カムカムエヴリバディ」のキャスト(登場人物)、相関図についてご紹介しました。

朝ドラ初の3人のヒロインが、日本の朝を盛り上げてくれそうです。

「小さな一歩一歩を積み重ねることが、思ってもいない人生を切り開き、明るく照らしていく」

カムカムエヴリバディには、そんなメッセージが込められています。

コロナ時代、なかなか思うように前に進むことが出来ないことが多いですが、カムカムエヴリバディで、1日のスタートが少しでも明るくなるといいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました