2021ドラマ【カムカムエブリバディ】放送はいつから?SixTONES松村北斗の役柄は?

スポンサーリンク

ヒロインが3人といった新しい試みの朝ドラ「カムカムエヴリバディ」が、2021年後期のNHK連続テレビ小説として始まります。

今までの朝ドラといえば基本的にヒロインは3人でしたが、3人もいるとはどういうことなのでしょうか。

その気になるヒロインは、深津絵里さん、上白石萌音さん、川栄李奈さんと自然体かつ演技力も抜群の3人です。

こちらの3人がどんな素敵な朝を演じてくれるのか。

この記事では「カムカムエヴリバディ」のあらすじ、放送はいつから?に加えて、今乗りに乗っているジャニーズグループSixTONESのメンバーでもある松村北斗さんの役柄についてもご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 【カムカムエヴリバディ】あらすじは?

カムカムエヴリバディは昭和・平成・令和の3つの時代を「ラジオ英語講座」と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代に渡る親子の人生を描きます。

ラジオ英語講座とは、大正時代からNHKのラジオ放送が開始された「NHKのラジオ英語講座」のことです。

3人に共通して言えることは、ラジオで英語を聴いていること。

ですが、時代が違えば、生き方も環境も違います。

まず、上白石萌音さんが演じる祖母・安子(やすこ)は、あんこ屋の娘として温かく幸せな家庭に生まれます。しかし戦争で夫と死に別れ、娘を置いてアメリカに渡るしかないなど、戦争によって悲しすぎる試練を乗り越えることになります。

その祖母に置いて行かれてしまった娘として、深津絵里さんが演じる母・るいは、親と英語を憎しみつつも、ジャズソングに救われて自分の人生を切り開いていきます。

そして、祖母と母とは違い、あまり苦労を知らない時代を生き、時代劇の世界に憧れながら、回り道を経てラジオ英語講座に自分の居場所を見つけていった娘・ひなた役を演じるのが川栄李奈さんです。

それぞれの時代によって、舞台も岡山・大阪・京都と変化していきます。

それぞれ全く違った人生を送る3人が、NHKのラジオ英語講座を聴き続ける。

ただラジオで英語をきくだけなのにNHKラジオ英語講座が、どういった影響を与えてくれるのか、今から楽しみです。

 【カムカムエヴリバディ】放送はいつから?

カムカムエヴリバディは、2021年度後期のNHK連続テレビドラマ小説です。

通常であれば、10月からの放送開始予定なのですが、コロナの影響で、今現在放送中の「おちょやん」が5月15日に最終回となり、例年よりも1か月半遅れとなっています。

なので、2021年の秋ごろに放送開始予定という情報は公開されているのですが、詳しい日程はまだ発表されていません。

「おちょやん」の次の「おかえりモネ」が5月17日スタートとなっているので、おそらく同じスケジュールで行けば、2021年11月中旬ごろのスタートとなるかもしれませんね。

 【カムカムエヴリバディ】SixTONES松村北斗の役柄は?

 

昭和時代のヒロイン、橘安子(たちばなやすこ)の小学校からの同級生の兄・雉真稔(きじまみのる)役として、SixTONESの松村北斗さんが演じられることになりました。

稔(みのる)の、実家は岡山で雉真繊維を一代で築き上げた地元でも知られる実力者の社長、雉真千吉(きじませんきち)の息子であり、後継ぎでもあります。

キャスト説明に、「英語が堪能」とありますので、その部分がどう安子の人生に関わってくるのでしょうか。

物語の中で、英語を話す松村さんも見られたりする可能性もありそうですね。

近頃、映画にドラマにと多数出演されていますが、朝ドラは初出演のようです。

朝ドラに出ると老若男女問わず、世間に知ってもらえるきっかけになるので、これから益々活躍が期待できそうです。

さいごに

NHKラジオ英語講座を中心に、三人のヒロインの人生という時代を駆け巡る2021年後期の朝ドラ「カムカムエヴリバディ」。

この記事では、あらすじや、放送開始時期、SixTONES松村北斗さんの役柄についてご紹介しました。

「朝が輝けば、1日が輝く。1日が輝けば、毎日が輝く。朝ドラが面白ければ、世の中は変わると本気で信じています。」と、このドラマの制作統括・堀之内礼次郎さんはコメントに残しています。

制限が多く、人々が思うように人生を過ごすことが出来ない今だからこそ、明るくて、楽しくて、面白い、みんなが笑顔になる毎日を朝ドラで元気を届けてもらえると嬉しいですね。

今年の秋の朝は、みんな一緒にテレビの前にカムカムエヴリバディ♪しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました