2021ドラマ【コントが始まる】脚本(あらすじ)や原作は?主題歌は誰?

スポンサーリンク
国内ドラマ

日本テレビの2021年4月土曜よる10時からスタートするドラマ「コントが始まる」は~毎話、一本の「ショートコント」から幕を開ける~という今までのドラマとは一味違った構成の新しい群像劇ドラマです。

この記事では、「コントが始まる」の脚本(あらすじ)や、原作があるのか、主題歌は誰なのかをご紹介します。

スポンサーリンク

 【コントが始まる】脚本(あらすじ)は?

主演は、あの若手の中でも実力派のカメレオン俳優、菅田将暉さんです。

他の主要キャストも有村架純さん、神木隆之介さん、仲野大賀さん、古川琴音さんと、今をときめく若手俳優女優陣が脇を固めていて、ドラマに安心して集中できそうですよね。

【主演・菅田将暉】~4月期新土曜ドラマ【コントが始まる】4月土曜よる10時放送!~/【日テレドラマ公式】菅田将暉 有村架純 仲野太賀 古川琴音 ・ 神木隆之介

挫折や迷走を味わうことが多い20代後半・・

「自分の人生、失敗したな・・」と落ち込む若者たちが、大失敗したからこそ出会えた人たちのおかげで、思いがけない幸せを手にしていくという、どん底から一筋の光を見いだせるような青春群像劇となっています。

売れないお笑い芸人、高岩春斗、箕輪潤平、朝吹瞬太のトリオ「マクベス」がドラマの冒頭で取り留めのないショートコントを披露します。

実は、そのショートコントは、そのあとの物語の「前フリ」で、物語の中でその「前フリ」を回収していくといった異例の構成で物語が進んでいきます。

伏線を回収していくドラマって、最初から最後まで目が離せないですし、見た後にすっきりした気持ちで終われるので私は好きです。

そして、3人がネタ合わせに使うファミレスで働いている中浜里穂子は、数年務めた一流会社をドロップアウトし、今は抜け殻のようにファミレスでアルバイトをしています。

そんな、「姉の面倒を見ているから」という理由から仕方なく夜の街で働くしずく。

里穂子はファミレスでの3人を見て、自分が忘れてしまっていた大切なものを思い出していきます。

「人生」を壮大な「コント(喜劇)」に見立て、後の53分の物語でコントの前振り回収をしていくという新たなスタイルがドラマの演出にどんな味を出してくれるのか楽しみですね。

 【コントが始まる】原作はある?

「コントが始まる」に原作はなく、オリジナル作品となっています。

原作ありの作品も面白いですが、最近はオリジナル作品のドラマのほうが結構面白いものも増えてきていると感じます。

脚本を担当される金子茂樹さんは、2019年放送の「俺の話は長い」で、第38回向田邦子賞を受賞されたり、主演の菅田将暉さんも学生の頃、観ていた「プロポーズ大作戦」も手掛けられており、今回の作品も期待が高まります。

 【コントが始まる】主題歌は誰?

最近のドラマの主題歌の傾向として、ドラマ出演者の誰かが歌うパターンが増えていますよね。

今回主演の菅田将暉さんは、歌手としても活躍されているので、「コントが始まる」の主題歌も担当される可能性もありそうです。

神木隆之介さん、仲野大賀さんも過去に映画の主題歌を担当されたりして歌が上手いそうなので、「マクベス」の3人で歌ってくれることもあるかもしれません。

出演者の方がみんなで踊ったりといった演出もあったりすると面白いですよね。

最後に

「大失敗」を経験した20代後半の若者たちが、新しい出会いによって幸せをつかんでいく青春群像物語、「コントが始まる」。

20代の若者にも、もうその時期が懐かしい世代にも、こんな世の中だからこそ、このドラマで明るい未来を切り開く若者たちを一緒に応援しませんか?

コントから始まり、残りの物語でコントの伏線を回収するといった新しいスタイルも見ものです。

2021年4月からの夜10時はマクベスのコントで!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スマホの動画配信サービスをテレビの大画面で見るならこちらがおすすめですよ。

 

タイトルとURLをコピーしました