アニメ「ノーゲーム・ノーライフ ゼロ」の感想、ネタバレ!誰にも語られることない物語

スポンサーリンク

この映画はテレビアニメのノーゲーム・ノーライフが大好きだったので視聴しました。

とても面白いのでおすすめです。

今回は、少しネタバレも含みますが感想を書いていきたいと思います。

参考にしてみてください^^

スポンサーリンク

アニメ「ノーゲーム・ノーライフ ゼロ」のあらすじ

それは一切の争いが禁じられ、全てがゲームで決まる
《盤上の世界(ディス・ボード)》が創造されるはるか以前の出来事。

世界を統べる唯一神の座をめぐり、終わりの見えない大戦が続いていた時代。
天を裂き、地を割り、星さえも破壊し尽くさんとする凄惨な戦争は、戦う力を持たない人間たちに理不尽な死を撒き散らしていた。

強大な力を持つ様々な種族に追いやられ、存亡の危機に瀕する人間を率いる若きリーダーの名はリク。
一人でも多くの人間が明日を迎えるために心を砕き、擦り減らす日々が続くある日、リクは打ち捨てられた森霊種(エルフ)の都で機械仕掛けの少女・シュヴィと出会う。

機械には持ち得ぬ心に興味を持ってしまったことでエラーを起こしてしまい、仲間たちから廃棄されてしまったシュヴィは、エラーを修正するため、リクに《人間の心》を教えてほしいと頼むのだが……。

これは六千年以上もの昔に紡がれた《最も新しい神話》へと至る《最も古き神話》。

記録にも記憶にも残らない、誰にも語られることのない物語が今、幕を開ける——。

公式ページより”

アニメ「ノーゲーム・ノーライフ ゼロ」の感想、ネタバレ

内容はアニメ版のキャラクターたちがメインで出演するので無く、6000年前の戦争についてのものです。

アニメ本編でも戦争に関して言及されることは多かったので、更に作品についての造詣が深まったように思います。

アニメ本編の主人公の空と白とリンクする映画版の主人国のリクとシュヴィが非常に魅力的なキャラクターでした。

空と白は無敵でありながらも弱みも多くお互いに助け合って最強になっているという感じだったが、リクは一人でも非常に強いという違いがあるのが面白かった。

6000年前の世界でリクはゲームの神に最後まで勝てなかったのに、空と白は一度勝っているというのも映画を見た後にアニメ本編を見て気づける楽しみだと思います。

ほとんどのメインキャラクターは今回の映画で出演しなかったが、一人だけ映画でも活躍したのも印象的でした。

アニメでは主人公たちの頼れる味方なのに、映画ではかなり悪役として描かれているのもある意味で魅力的に感じた。

タイトルとURLをコピーしました