2022【ドラマ『ファイトソング 』】2話ネタバレと考察、感想!見逃し配信無料で視聴するには?

スポンサーリンク

2022年1月11日(火)夜10時にスタートしたドラマ「ファイトソング」。

第2話を見逃してしまった場合の見逃し配信動画サービスの紹介、ネタバレと考察、感想をまとめています。

リアルタイム、TVerも見逃したという方はU-NEXTで視聴できます。

【ドラマ『ファイトソング』】 を無料で楽しむならコチラ!

【全話】無料独占配信中!!

新作の配信が断トツで早い!!

注意

ここからはドラマの内容も含まれます。ネタバレを好まない方はこちらで閉じてください
スポンサーリンク

【ドラマ『ファイトソング』】あらすじ含むネタバレ

2009年、路上ライブをする芦田春樹たち。彼らの前に現れる伊達弓子(後にマネージャーとなる)。

そして彼らの全盛期。

その後、メンバーが別れ別れになるという足早の回想シーンから開始される。

そして現在にシーンが戻る。

「俺と付き合ってくれない?」と花枝に言う春樹。

加えて「人の気持ちを教えて欲しい。どうやら俺、足りないらしくて。うまく言えないんだけど」と。

しかし、あまりにも突然のことで驚いた花枝は「そういうのいらないです」から始まり「私にとってはめちゃめちゃ感動的だったんですよね、なのに何ですか、付き合ってとか」と拒絶反応を示す。

「せっかくの感動の日なので、付き合ってくださいの部分を削除でお願いします」と花枝。

春樹も「なんかすみません」と引き下がる。

しかし仕事が終わり、春樹のマンションから出るや否や嬉しさをかみしめる花枝。

写真を見ながらニヤニヤと花枝は上機嫌。

そこに迎えに来る夏川慎吾も彼女のウキウキの姿を見て喜ぶ。

一方、春樹の部屋では烏丸薫、その後、弓子も合流して食事。

そこで春樹が花枝に「付き合ってくれ」と言った話を正直に伝える。

弓子は何気に自分と付き合うことをにおわせるが、春樹は気持ちが分からず「弓子さんには頼めないでしょ」と。

さらに花枝への態度を「やっぱ失礼だったよなぁ」と凹む春樹。

花枝たちが育った養護施設・あさひ学園では、花枝が今日あったことを嬉しそうに話す。

今でも興奮冷めやらぬ様子の花枝。

だが、花枝のことが好きな慎吾はその様子を見て「よかったなぁ」と言いつつも意気消沈。

春樹は意を決してもう一度花枝に会おうとクリーニングを依頼する。

しかし、やって来たのは花枝ではなく慎吾。実は春樹からのメッセージを目にして、自分を春樹の部屋のクリーニングのシフトに入れたのだ。

仕事から帰って来て、馴染みの理髪店で髭を剃ってもらいながら、花枝がオファーされたのに、花枝を春樹に近づけたくないため自分が春樹のもとに行った自分の人間の小ささを吐露する慎吾。

再度、春樹から花枝のもとにメッセージが入って来る。

春樹のマンションに行くが会えず、チラシにメッセージを残したことで、翌日春樹が花束を持って花枝のもとにやって来る。

微妙な雰囲気の中、て花枝が「私やっぱり付き合います」と。

そして2人は付き合うことにする。

「恋愛を教えて欲しいんだろうけど、恋愛の経験がゼロだ」と言う花枝に対して「一緒に恋について取り組んでいけるってことですよね」と春樹。

早速デートすることにする2人。

双方とも恋愛経験がない、ぎこちないデートが始まる。

まもなくすると花枝が病気のため一瞬気を失い、倒れそうになったところを春樹が抱きかかえる。

【ドラマ『ファイトソング』】の感想考察

一旦は「付き合ってくれない?」と言う春樹を拒絶していながら、仕事を終え、彼のマンションを出るとめちゃめちゃ嬉しそうな花枝の姿に恋する若者らしい宙に舞うような嬉しさが感じられた。

また、花枝と春樹が正式に付き合うことを決めたシーンでは、両者とも上手くコミュニケーションが取れない雰囲気で、こちらも初々しさを感じた。

気になるのは花枝の病状。

花枝の回想シーンで医師の立石正嗣が彼女にする助言、そして2人(花枝と春樹)のデート開始後、しばらくして気を失い倒れそうになる展開には彼女の儚さ、および制限時間付の人生と言った、少々寂しさや不安を感じる。

観たかったけど観れなかったという方はU-NEXTで視聴できます!

【ドラマ『ファイトソング』】 を無料で楽しむならコチラ!

【全話】無料独占配信中!!

新作の配信が断トツで早い!!

テレビで「U-NEXT」を楽しむならこちらがおすすめ!「もうテレビのレコーダーいらないんじゃない」っていうぐらい便利です!

高価なものでもないのでぜひ一家に一台導入してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました