2022【ドラマ『鎌倉殿の13人』】2話ネタバレと考察、感想!見逃し配信無料で視聴するには?最後のシーンは主従関係の美しさに感動!

スポンサーリンク

2022年1月9日(日)夜8時にスタートしたドラマ「鎌倉殿の13人」。

第2話を見逃してしまった場合の見逃し配信動画サービスの紹介、ネタバレと考察、感想をまとめています。

リアルタイム、TVerも見逃したという方はU-NEXTで視聴できます。

【ドラマ『鎌倉殿の13人』】 を無料で楽しむならコチラ!

【全話】無料独占配信中!!

新作の配信が断トツで早い!!

注意

ここからはドラマの内容も含まれます。ネタバレを好まない方はこちらで閉じてください
スポンサーリンク

【ドラマ『鎌倉殿の13人』】あらすじ含むネタバレ

源頼朝の身柄の引き渡しを巡り激しく対立する伊東祐親の兵と北条一族の兵。

お互いの間で緊張関係が高まる中で、相模国の豪族である大庭景親が現れる。

大庭景親は平家とも親しく有力な武将でもあったため、伊東そして北条が共に大庭景親を間に入れての話し合いの場を設ける事になりその場が収まる事になります。

大庭景親は、伊東祐親は頼朝を監視するべき立場にありながら娘が頼朝の子を産んだのは伊東祐親に落ち度があった事を指摘する。

このため頼朝の身柄の引き渡しを伊東祐親に断念させ北条氏が今後は頼朝の世話を行う事を認めさせる。

ただし、頼朝に今回のけじめをつけさせるために今後、八重に会わないように起請文を書かせる事で双方を納得させる事にしました。


頼朝は義時と共に伊東祐親の兵から逃れていたが途中で頼朝の乳母を母に持つ山内首藤経俊と出会う事になる。

経俊は今後、頼朝の力になると伝える。

頼朝はその後、北条義時と共に北条の館に無事帰る事となります。

頼朝に心を寄せる政子は頼朝の世話ができる事をとても喜んでいる。

義時は、頼朝の女性関係の事が心配であり政子が頼朝に心を寄せる事を心配していた。

このため義時は父である北条時政に政子が頼朝の側にいる事には反対だと伝えるが、時政は新しい妻を迎える喜びが優先してしまい、義時の意見に耳を貸そうとしない。

八重は、伊東祐親の意向をあり江間次郎に嫁ぐ事となる。

嫁ぐ前に八重は千鶴丸に、会いたいと伊東祐親に願い出るが祐親は千鶴丸はすでに出家させていると伝えるのみであった。

また八重は最後に頼朝に会いたいと願い出るが、その願いを義時を通じて聞いた頼朝が、今更会って何かが変わるわけではないと八重に会うことを拒否する。

そして、頼朝は義時に対して自分は挙兵する気はない事を兄である北条宗時に伝えてほしいという。

宗時は頼朝が挙兵する気がないと義時から聞いても大事な事を武士の棟梁である人物が簡単に伝える事はないと考え、頼朝はいずれ挙兵するはずだと信じている。

政子は頼朝と共に神社に参拝に出かけ、今後は八重に代わり私が頼朝を支えていきたいと伝える。

頼朝の八重に対する態度に疑問があった義時は頼朝に対して批判的な言動をとるが、頼朝から意外な言葉が帰ってきて驚いてしまう。

それは頼朝はあくまで流人であり孤独であったため、自分の味方を常に探していたがようやく見つけたのが北条家であった事。

そして自分の願望は味方と共に立ち上がり平家を打倒である事を義時は知る事となる。

【ドラマ『鎌倉殿の13人』】の感想考察

頼朝から自分の本心を知らされて今までに頼朝への考えを改め、頼朝の忠実な家臣になろうと決意する義時の姿に誰しも感動すると思います。

最後のシーンは主従関係の美しさを表現する素晴らしい場面といえます。

観たかったけど観れなかったという方はU-NEXTで視聴できます!

【ドラマ『鎌倉殿の13人』】 を無料で楽しむならコチラ!

【全話】無料独占配信中!!

新作の配信が断トツで早い!!

テレビで「U-NEXT」を楽しむならこちらがおすすめ!「もうテレビのレコーダーいらないんじゃない」っていうぐらい便利です!

高価なものでもないのでぜひ一家に一台導入してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました