2022【ドラマ『恋せぬふたり』】2話ネタバレと考察、感想!見逃し配信無料で視聴するには?咲子と和くんの関係はどうなる?

スポンサーリンク

2022年1月10日(月)22時45分にスタートしたドラマ「恋せぬふたり」。

第2話を見逃してしまった場合の見逃し配信動画サービスの紹介、ネタバレと考察、感想をまとめています。

リアルタイム、TVerも見逃したという方はU-NEXTで視聴できます。

【ドラマ『恋せぬふたり』】 を無料で楽しむならコチラ!

【全話】無料独占配信中!!

新作の配信が断トツで早い!!

注意

ここからはドラマの内容も含まれます。ネタバレを好まない方はこちらで閉じてください
スポンサーリンク

【ドラマ『恋せぬふたり』】あらすじ含むネタバレ

スーパーの本社営業部の咲子は、異性との恋愛に疑問を感じながら、恋をしてもうまくいかず、彼氏もできぬまま、実家暮らしで居場所のない日々が続いていた。

ある日、友達の千鶴と食事に行き、二人でルー厶シェアすることにする。

部屋も決まって、いざ実家を出ることになってから、千鶴から元彼とヨリを戻すことになったと連絡を受ける。

住む所が無くなった咲子は、落ち込む。

恋愛がうまくいかず、モヤモヤしていた咲子は、ネットで恋愛感情を持たない性。

アロマンティックアセクシャルがいると知り、自分もその性ではないかと思い始める。

アロマンティックアセクシャルの当事者で、分かりやすくその性について書いているブログを見つける。

スーパーの店舗の営業まわりで、働いている店員の高橋と出会う。

ブログを書いている本人が高橋だとわかり、高橋の家にお邪魔させてもらうことになる。

咲子は高橋さんのブログのおかげで自分のモヤモヤした性について、霧が少しずつ晴れていった気持ちがすると言い、高橋さんとなら恋愛感情のない家族として生活できるんじゃないかと逆プロポーズをする。

高橋は、最初は咲子の言葉に否定的でナメられているように思うが、たしかに、咲子がいることによって近所の人からのお見合いの話やら結婚相談所の紹介から逃れられると思い直し、お試しで一緒に生活してみることを許可する。

生活してみると高橋は、家事が上手で料理も作ってくれるので申し分ないが、咲子は自分が家事をして高橋さんに認められたいと思っていたので不満に思う。

営業の同期の和くんにちょっかいをかけられ、何となく同棲しているのが男の人だとバレてしまう。

友達の千鶴から、実家の方に一緒に暮らせないお詫びにカニが届いて、母から連絡が来て千鶴と一緒に住んでいないこともバレてしまう。

高橋さんを連れて来て一緒にカニを食べに来いと言われる。咲子は高橋さんに彼氏のフリをしてもらい、実家に向かう。

彼氏となった馴れ初めや出会いのストーリーを作り恋人のふりを装おうとするが、手を繋いだりするのは、咲子はジトっと触れない限りは大丈夫だが、高橋にとっては触られたりするのは苦痛だと言う。

実家に向かう途中で妹夫婦に偶然会い、なぜカップルなのに、間を空けて歩いているのか、喧嘩中なのか聞かれる。

手を繋ごうとするが、やっぱり無理だった。

実家では、高橋が質問責めに合い、世間一般の価値観を押し付けてくる家族に嫌気が差し、咲子は家族に自分がアロマンティックアセクシャルかもしれないとカミングアウトする。

父は、アロマンティックでも娘であることに変わりはないのだから帰ってこいと伝える。

でも、咲子はこのまま家族のもとへ戻っても居場所はないことに気づいているので黙って高橋とともに去る。

家に帰ってから、高橋に咲子は家族のことを謝り、二人で生活していくための良い方法を模索する為に夜遅くまで話し合う。

アロマンティックアセクシャルにおける調査のプリントを高橋に渡された咲子は、和くんにそのプリントを取られ、同棲している彼氏はヤバくないか心配しはじめる。

あなたには関係ないと言うと、咲子は俺の女だと急に告白し始めて、咲子は愕然とする。

【ドラマ『恋せぬふたり』】の感想考察

ドラマでアロマンティックアセクシャルの人達を焦点に当てたストーリーはとても珍しく新しいと思い、1話から見ています。

これから、咲子と和くんの危うい関係がどうなるのか、高橋との関係は崩れて行ってしまうのか見逃せないです。

実際に恋愛感情のないパートナー関係を、結んでいる夫婦もいるそうなので、これからどんどん新しい愛の形も増えていくのかなという印象です。

観たかったけど観れなかったという方はU-NEXTで視聴できます!

【ドラマ『恋せぬふたり』】 を無料で楽しむならコチラ!

【全話】無料独占配信中!!

新作の配信が断トツで早い!!

テレビで「U-NEXT」を楽しむならこちらがおすすめ!「もうテレビのレコーダーいらないんじゃない」っていうぐらい便利です!

高価なものでもないのでぜひ一家に一台導入してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました