【ドラマ『SUPER RICH』】11話(最終回)ネタバレと感想!見逃し配信1話から動画無料視聴!

スポンサーリンク

【ドラマ『SUPER RICH』】11話(最終回)ネタバレと感想、最終回の見逃し無料視聴ができる動画サービスを紹介します。

【ドラマ『SUPER RICH』】 を無料で楽しむならコチラ!

【1話~11話(最終話)】無料独占配信中!!

国内ドラマ・バラエティが豊富!!

スポンサーリンク

【ドラマ『SUPER RICH』】11話(最終回)ネタバレ含むあらすじ

宮村 空の裏切りはあるのか

衛(江口のりこ)は、島谷聡美(松嶋菜々子)から、『MEDIA』社が『スリースターブックス』にTOBを仕掛けると宣言される。

そこに、宮村空(町田啓太)をCEOとして据えると・・・そして衛にはCEOから降りてほしいと・・・

真偽を問うため、衛と優(赤楚衛二)は本人に会い確認をするが

「やりたいことがやりたくなった」

と告げられる・・・

衛と優は役員に全てを打ち明ける。

聡美は、2年まえから宮村にヘッドハンティングを始めていた事。

そして、聡美が求めているのは『スリースターブックス』が持つ作品と作家のライセンスだけで、宮村以外の社員は不要になること。

このままでは相当な資金でTOBを仕掛ける『MEDIA』に対抗することはできない・・・

会社を大きくしたい訳ではない。

社員がやりたことをやっていける会社を作りたいという思いがある衛は

「このままではいられない」

と一念発起する。

宮村のやりたい事は実は「スリースターブックスを絶対に守る事」

会社を守るために、聡美に近づいたと打ち明ける。

衛は会社を守る

衛は社員を守るために、友好的に買収・合併してくれる国内・海外企業を探すが難しかった。

衛は、聡美に直談判をし、自分はCEOを退任し株40%を売却するため社員全員を雇用してほしいと伝える。

準備の為に1ヵ月時間をほしいと告げる。

そして1ヵ月で衛は新しい会社を作る準備をしていた。

1カ月後衛はCEOを退任し、空がCEOに。

作家は自由契約をすることで衛の新しい会社と契約をする事になった。

聡美は『MEDIA』を辞める事になり、衛は会社、社員を守る事に成功した。

【ドラマ『SUPER RICH』】11話(最終回)の感想

【ドラマ『SUPER RICH』】 を無料で楽しむならコチラ!

【1話~11話(最終話)】無料独占配信中!!

国内ドラマ・バラエティが豊富!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました